顕微鏡接続撮影(病理標本)

ハイパースペクトルカメラを顕微鏡に接続することで、上記のように細胞レベルでのスペクトル計測が可能となる。

FRETバイオイメージング(蛍光共鳴エネルギー移動のマクロ観察)

PKA活性の定量イメージング

Protein kinase A(PKA)活性化を可視化する遺伝子組換えマウスの大腿筋にdbcAMP刺激を行い、PKAが活性化する様子のマクロ計測に成功しました。

血管の検出

生体情報の多次元解析

生体スペクトルイメージングにより、空間1画素ごとの分光分析を行い、各種生体情報(血管、シワ、ファデーション)が可視化されている。本技術を応用することで、生体情報の多次元解析が可能となる。

保湿クリームの撮影